トピックなど

 

R01年5月6日

 マウスピースの治療に欠かせないチューイですが、一般的に

日本で使われているのは、一番左の白の丸型ですが、咬むと滑っ

 てしまい、力が上手く掛かっていない心配がありました。

この学会で新しい2タイプを見つけたのですが、白の波型は5/4

セッションのスピーカーDr. Tai のお勧め! 

 赤青の四角は中央に溝があり、咬む力が逃げない!と私のお勧め

です。5/9から、順次新型に換えて行きます。

学会は、学びの場であり、さらにこのような臨床応用に欠かせない

新たなグッズを開拓する事も出来ます。

マウスピースで、より良い治療結果を得られる様に、日々工夫を

重ねております。


DSC03138.jpg

 

追記 R1年7月12日
GW明けから新しいチューイを使っており、患者さんに前の白い丸型と

どっちが咬みやすい? と聞くと、全員が新しい方とお応えになります。

 

一旦フィッティングが悪くなったものを、リカバーするところまでは

まだ確認出来ていませんが、本当に良いお買い物でしたV(^o^)V

 

 

H31年1月15日

大阪で、歯科衛生士がレントゲン撮影をしていたとの事で、歯科医師

および歯科衛生士ら11名が書類送検されました。


口腔内スキャナーを導入している歯科医院も、徐々に増えてきていると

思いますが、歯科衛生士の職務として『印象採得』は認められています

が、スキャナー自体が新しく、衛生士がスキャナーを使う事自体、まだ

法律に明記はありません。


そもそも、熟練した歯科医師が行えば、5〜10分位で終わるものが、

慣れていない歯科衛生士がやれば時間は長くなって、患者さんがお口を

空けている時間は長くなります。これは、意外と大変です。


また時間が掛かると、スキャンのデーター量が大きく成り過ぎて、精度も

落ちてしまいます。


当院では、歯科衛生士に患者さんを診させる事は、一切ありません。

これは、治療の質を落とさない為の院長の責任であり、強い決意でも

あります。


治療費だけで判断するのではなく、一度会ってお話を聞いてから治療を

始めて頂きたいと思う由縁でもあります。



H30年3月29日

治療の流れに、費用を試験的に掲載しております。


H30年4月9日のうれしい出来事

今日、新しく治療を始められる患者さんのお母さんから、『ここに来たのは、○○さん

からの紹介で、是非行ってみて!!』と言われたからだと、教えてくれました。

やはり患者さんから新しい患者さんをご紹介頂くのは、信頼して頂いている所以であり、

この仕事をやってて良かったなぁとと感じる一コマです。

それで、○○さんに後でお礼の電話しておきますね〜と話してたら、何と次の予約の

患者さんが○○さんで、こんな偶然あるの??と2度ビックリでした。


実は、○○さんは小学校5年生から初期治療を始められ、中学生で本格的な治療に移行し

今日が2年間のメンテナンス最後の日でした。帰り際に、お母さん一緒に、何度も何度も

深々と頭を下げてお礼を言って下さり、微力ながら良い治療結果へのお手伝いが出来た

と、本当に嬉しく感じました。


最近も、初期治療を終えた患者さん姉妹が、10年以上経ってから2期目の治療を希望

されて戻ってきて下さり、『大きくなったねぇ!!』とついつい我が子の成長のように喜ん

でしまいました。


矯正治療は、患者さんとの成長と共に歩む事も少なくありません。その時に必要な治療を

するのは勿論なんですが、その一瞬だけのお付き合いではなく、患者さんとの長〜〜い

信頼関係を大切にして行けたらなと思い、治療に携わっております




 

 



『ちょっと一言』

 名前は明かせませんが、昨年と一昨年の北国フォトクィーンの中に中学生の時に

治療を受けて頂いた患者さんがいらっしゃいます。

歯を見せて笑う彼女の素敵な写真を見ると、歯医者冥利につきる思いで一杯です!!


もう1つ

 2月に出産のご予定で、しばらく治療をお休みされていた患者さんが、無事に

出産が終わり落ち着かれたので、また治療を再開されました。

2児の父親として、おめでたいお話はやはりうれしいものです。

女性の患者さんは、出産やご結婚など大切なイベントが沢山ありますが、当院では

矯正治療がその妨げにならないように、治療を始めるタイミングや治療方法など、

出来るだけ考慮したいと思っております。ご心配なさらずに、どうぞご相談下さい!!