はじめに

 当院のHPへようこそ!!


 現在、歯並びのどんなことでお悩みでしょうか? 

しばしば、治験例(結果が良い)の治療前後の写真や、仲の良い患者さんの

メッセージを沢山掲載しているHPを見かけます。

パッと見、安心されるかも知れませんが、本当に患者さんが知りたい情報は、

そこにあるのでしょうか?


 テレビなどの番組でもありがちな傾向ですが、良い所ばかりを集めて報道

すれば、それが全てかのような錯覚を起こしてしまいます。また矯正の治療

方法についても、メリットばかり誇張して宣伝するのでは無く、しっかりと

メリット/ デメリットの双方を患者さんにお伝えするのが、矯正医としての

責務だと私は考えます。


 最近では、矯正治療についても色々な情報収集が可能ですが、その情報が

全ての患者さんに該当する訳ではありません。また必ずしも良い情報ばかり

とは限らないので、返って進むべき方向性を見失われてる患者さんが多いの

ではないでしょうか!?


  このHPでは、患者さんのお悩みが少しでも解消されるように、安心して

治療を始められるための『矯正治療のガイダンス』や、大切なお子さんの

最適な時期を逃さないための『治療開始のタイミング』にポイントを絞り、

ご紹介させて頂きます。


 

 

 出来るだけ専門用語は使わずに、分かりやすく書いたつもりではあります

が、ご不明な点がございましたら、初診相談の時に遠慮なくお話し下さい。

お知らせ

 

 

歯科検診について

 一般的に歯科検診では虫歯や歯肉の状態に重点が置かれ、歯並びについて関心が高くなかったり、矯正は大人の歯に萌え変わってからと考えられてる先生もいらっしゃいますので、そういう場合には問題があってもチェックから漏れてしまう事もあります。


 お子さんの初期治療は、顎やお顔の変形などの悪い芽を摘み取るだけでなく、大人の歯に萌え変わってからの矯正治療にも良い結果をもたらします。また受口や出っ歯など、症状によって治療を始める時期も異なります。治療のタイミングを逃さないために、おかしいかな?と気になる事がございましたら、お気軽にご相談下さい!!




 

☆見えない矯正治療 インビザライン

インビザライン     

  インビザラインでの治療例はこちら! 


 アライナーと呼ばれる透明な着脱式のマウスピースを用いる治療法です。 

詳細を『見た目を気にする方へ』の項目にアップしました。




『ちょっと一言』

 名前は明かせませんが、昨年と一昨年の北国フォトクィーンの中に中学生の時に

治療を受けて頂いた患者さんがいらっしゃいます。

歯を見せて笑う彼女の素敵な写真を見ると、歯医者冥利につきる思いで一杯です!!


もう1つ

 2月に出産のご予定で、しばらく治療をお休みされていた患者さんが、無事に

出産が終わり落ち着かれたので、また治療を再開されました。

2児の父親として、おめでたいお話はやはりうれしいものです。

女性の患者さんは、出産やご結婚など大切なイベントが沢山ありますが、当院では

矯正治療がその妨げにならないように、治療を始めるタイミングや治療方法など、

出来るだけ考慮したいと思っております。ご心配なさらずに、どうぞご相談下さい!!



☆タウン誌の取材を受けて当院が掲載されました☆


ahaha    1220日発行 1月号 (H21年)

Clubism     1月20日発行 2月号 (H21年)

(評判の良い歯科 特集

 

Clubism     1月20日発行 2月号 (H23年)

Clubism     1月20日発行 2月号 (H24年)

Clubism     1月20日発行 2月号 (H25年)

おすすめの病院&クリニック


Clubism     1月20日発行 2月号 (H26年)

信頼出来る人メディカル・プロ




『インビザライン勉強会』

もう昨年の話ですが、4月22日(日)は休日返上で、インビザラインの

勉強会のため東京まで行ってきました。

勉強会というのは、誰でも参加出来る講習会とは違い、インビザラインを

提供しているアラインテクノロジー社からお声が掛かったドクターのみ

参加可能で、講師の先生を交えお互いの疑問点をディスカッションし、

密度の濃い情報交換が行われました。遠方よりインビザラインを積極的に

取り入れられてる先生が集まられ、北陸からの出席者は私だけでした。


治療を考えている患者さんからは、ワイヤーやアライナー(マウスピース)を

使うのは、どの先生でも一緒と映るかも知れません。しかし、どんなに良い

装置であっても、それを使いこなす技術・経験・知識がなければ、いつまで

経っても治療が終わらなかったり、満足のいく治療結果は伴いません。


私が治療を行う上で一番大切だと思うのは、『患者さんの負担を減らす』と

言う事です。1日でも早く治療が終わるように!! また、折角治療を始められる

患者さんがしんどい思いをされないように!! しっかりと吸収した情報を今後の

治療にまた反映させたいと考えております。



『インビザライン講習会』

3月20日(水)、東京の講習会に参加してきました。

今回は、新素材導入のガイダンスと、日本で最初にインビザラインを導入した

私の先輩 昭和大学歯科矯正学教室 槙 宏太郎教授を始めとする講師の先生方の

講義がありました。


当院では、槙先生直接のアドバイスにより、かなりのガタガタの患者さんも早く

からインビザラインによる治療を行ってきましたが、新素材の導入により開始への

導入と患者さんご自身による日々の治療が容易になりました。


インビザラインは日本へ導入されて、ようやく10年が経った新しい治療です。

患者さんの負担軽減に役立つ素晴らしい治療ですが、動かし方には特性があり、

それを知らずに治療するとワイヤーよりも治療結果に差が出やすい面もあります。


そのノウハウを元に出来るだけご希望に沿った治療をご提案出来ればと思います

ので、ワイヤーに抵抗がありこれまで治療をためらっていた患者さんは、どうぞ

お気軽にご相談下さい。



『2013インビザライン勉強会』

7月1日、東京の勉強会に参加してきました。昨年の勉強会の記事にも書いた

のですが、勉強会はアラインテクノロジー社から選ばれしドクターのみが

参加できる特別な会です。

しかし、今年は症例数をこなしている先生が他にはいらっしゃらず、昨年の

ように自分が持っているノウハウをディスカッションする会に至らなかった

のは、少々残念でした。

 

アライン社の営業さんからは、『それだけ先生(私)がレベルアップしてるん

です!!』と言って頂きましたが、昨年から飛躍的にインビザラインの患者さんが

増えており、抜歯・非抜歯を問わずガタガタのひどい患者さんと向き合ってきた

お陰かなと感じる部分もありました。

それでも、アドバイザーのビィッキー先生(メルボルン開業)とは、昨年同様

英語を交えながら、より実現性の高いシュミレーションの作成や患者さんが

いかに治療を受けやすく始められるか!? など貴重なアドバイスを沢山頂きま

した。


当院でインビザラインが飛躍的に伸びている要因は、インビザラインの日本への

導入が私の出身である昭和大学歯科矯正学教室で行われた事が大きく、その

ノウハウを持って治療を始められたからに他なりません。

インビザラインは、患者さんの負担を減らすだけではなく、ワイヤーと異なった

歯の動かし方が可能であり、これまで抜歯でしか治療出来なかった症例が

『非抜歯』で治療出来る可能性を増やす素晴らしい方法でもあります。

しかしながら、それはあくまでもインビザラインの特性を熟知した上での話

です。


全ての症例が非抜歯で治療出来るわけではありませんが、これまでワイヤーに

よる治療や抜歯に抵抗があった患者さんは、一度お気軽にご相談下さい。

 

『2014インビザライン勉強会』

新年早々連休のど真ん中、『カリエール・ディスタライザー』と言う

上顎大臼歯の遠心移動の新システムの講習会に参加してきました。

インビザライン単独でも遠心移動は可能ですが、このシステムを併用

する事により治療期間を短縮され、より実現性の高い治療計画を立てる

事が出来ます。

 

もちろんこのシステムは、インビザラインだけではなく、上顎前突(出っ歯)の

患者さんにも有効です。

 

当院では、治療短縮が患者さんの負担を減らす大切な要因の一つと考え、

有用と思われるシステムを積極的に取り入れ、治療に反映出来るように

努めております。



『5月16,17日。アンチエイジング歯科学会に参加してきました。』

5月16,17日。アンチエイジング歯科学会に参加してきました。

歯医者とアンチエイジング?? 皆さん、不思議に感じるかも知れません。

しかし、アンチエイジングというのはお化粧品を塗る事だけではなく、

体の中から始めるのが基本なんです。

つまり、健康な歯でしっかりとバランスの取れた食事をし、細胞の活性化を図る。

それと、笑うと体の中の細胞が活性化し、免疫力が高まるのをご存知でしょうか?

HPをご覧頂いている方の中には、歯並びを気にして人前で笑うのが苦手...と

言う方はいらっしゃいませんか? きれいな歯並びで沢山大きく笑い、お口の中から

アンチエイジングをも増進させるアイデアをはぐくみながら、今後の治療に役立て

たいと考えております。

 

その他にも、メディカル・アロマなど、患者さんがリラックスして通院出来る環境

作りも進めております。

 

『2014 インビザライン Asia Pacific Summit に参加します』

日本のアラインテクノロジー社よりお誘いを受けまして、シンガポールで開催

される国際学会に参加する予定です。

 

この学会は、インビザラインの症例数をこなしているドクターのみ参加可能で、

まだインビザラインを導入してまもない場合は、お声が掛かりません。

会社が外資系のため差別化が顕著で、症例数を伸ばして貰いたいがために、

当院にはまた??と驚くくらい頻繁に営業さんが情報を持ってきます。

 

インビザライン日本導入と研究開発の第一人者である昭和大学 槙教授と後輩の

先生方お蔭で症例数を伸ばし、他医院では出来ないガタガタのひどい歯並びも、

ワイヤーと変わりなくほぼインビザラインで治療を行っております。

北陸でも、インビザラインを始められる先生は少しずつ増えているようですが、

まだ数人しか治療した事が無い先生と、症例数の多い先生のどちらを選ばれますか?? 

 

矯正の通院は、月に1回が基本です。少しお時間が掛かっても、不安の少ない医院

選びをして頂けるように、学会の情報をまた治療に活かしたいと考えております。

 

Asia Pacific Summit ご報告

海外の学会と聞くと優雅なイメージを持たれるかも知れませんが、インビザラインは

比較的新しい治療法のためセッションの数が多く、本当に早朝から夕方までホテルに

缶詰め状態でした。

ただ、折角行ったからには新しい知識を取り込まないと思い、演者の先生と積極的に

英語でディスカッションをしたり、普段はあまり関係がないかなと言う公演にも耳を

傾けてきました。

 

自分のケースプレゼンテーションでは、意見を聞く方の立場からアドバイスする事の

方が多く、それでも非抜歯治療主体の先生方とは貴重な意見の交換が出来ました。

勿論、歯を抜かないで治せればそれは患者さんにとって一番ハッピーなんですが、

ただそこに行き着くまでの時間や治療後の安定性を考えると、必ずしも非抜歯が一番

良い治療だとは言い切れません。抜歯か非抜歯は、本当にケース・バイ・ケースです。

むしろ周りの先生方からは、インビザラインでガタガタのひどい患者さんもワイヤー

と同じ様に治してる事の方が凄いんですよと驚かれてしまいました。

私は、インビザラインの抜歯治療をそんなに特別な事と捉えていなかったんですが、

この辺が自分の母校(昭和大学歯科矯正学教室)から学んだバックボーンの有無が

影響しているんだなと、インビザライン日本導入や研究を率先して行った槙教授や

医局の後輩達に、ただただ感謝する次第です。

 

インビザラインで治療を断られたとか、治療期間が長過ぎる、歯をやすりで削って

小さくする方法が嫌だとか、疑問に思われる事がありましたら、お気軽にご相談

下さい。当院には、他の矯正専門医 で断られた患者さんが多数来院されております。

ちょっと変わった視点から、アドバイス出来る事があるかも知れませんよ〜!?


 

 

『インビザライン ドクターランキング』

日本でも近隣諸国にならい、ようやくドクターの格付けが始まりました。

これは、1年間の患者さんの数によって決められます。

勿論、海外の大病院で沢山のドクターを抱えていても達成出来るかどうかと言う天文

的な数字があったり、まだ治療の内容まで評価されていないのが少し残念ですが、

自分の大切な歯の治療をお任せする患者さんには、当然ドクターを選ぶ権利がある訳

ですから、医院を選ぶ1つの指標にはなるかなと思います。

ちなみに今年は、インビザライン ゴールド ドクター です(H27.06.03現在)


『インビザライン個別勉強会』

9/17(水) 三重県松阪市開業の土岐先生の所へ、勉強しに行ってきました。

土岐先生は大学の後輩ですが、槙教授がインビザラインを日本に導入した際、

医局で研究開発を担った筆頭メンバーで、現在はインビザライン導入コースの

講師も務めて下ります。


彼は、シンガポールのサミットでも講演するほどの実力者で、他の講師の先生

方とは違った視点を持っており、『いかに効果的に歯を早く動かすか!?』と言う

事を常に考えています。


今回、その秘訣をレクチャーしてもらいましたので、これから当院で行う治療にも

『同じインビザラインの治療でも、他医院よりも早く終われる』と言う特色を

活かせて行きたいと思っております。

 

『休診のお知らせ』

8月27日(土) 休診  


 

当院は、公共の駐車場を使うのではなく、病院の前に駐車場が5台分あります

ので、

お天気を気にせず安心して通って頂けます。

どうぞ、気を付けてお越し下さい。




当院は、患者さんをお待たせしないために 予 約 制 です。

初診相談をご希望の方は、お気軽に電話  245-8755  下さい。