ガタガタだけの問題?

DSCF0013_2.jpg

 

 上顎の左右2番目 の歯にご注目下さい!! 上の歯が下の歯よりも内側に入り

込んでいるのがお分かりでしょうか!? こういう歯並びは、『早期接触』と

言って、本来噛む位置よりも先に内側に入り込んでいる歯が下の歯に当たって

しまい、違う悪い咬み合わせに誘導されてしまうことがあります。


 この状態を放置しておくと、2番目の歯がドンドン内側に入ってしまったり、

顎や歯列の変形を起こします。ひどい場合には、お顔の左右対称性を損なうこと

さえあります。

 

 早期治療を行っていれば、機能的な問題の解除だけで済みますが、放置したが

故に歯列や骨格的なズレを起こしてしまうと、後に本格的な矯正治療に移行する

際に治療が困難になりますもしお顔の左右がズレてしまうと、お口の中の矯正

治療だけでは、残念ながら改善出来ないとお考え下さい。