ご注意下さい。

 しばしば、『マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

認定医』という文字を見かけますが、日本代理店アラインテクノロジーでは、

そういう制度は存在しておりません。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は、1回だけ

導入コースを受講すれば、矯正に全く知識の無い一般歯科医でも行う事が

出来てしまいます。

こういう無い制度を書いて、患者さんを呼び込もうとするHPが多数あり

ますので、ご注意下さいね!

 

また、一番症例数が多いなどと謳うHPもありますが、こういう根拠の

ない宣伝文句をなくすために、お知らせでもお伝えしたように、ドクター

ランキング制度が導入されました。

しかし、ガタガタのほとんどない簡単なケースの患者さんばかりでも数が

多ければ高評価になり、治療内容は反映されていません。

治療の回数やクオリティなどは、ネットだけでは計り知れません。

折角良い治療方法があるのに、それを活かしきれるかどうかは、ドクター

次第です。

マウスピース治療だけではないのですが、一度お互いが顔を合わせて正しい

知識を理解する事が一番大切な事だと思っております。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン) の特色

2006年に日本に本格導入され、その切っ掛けを作り日本人に合うように研究開発を

進めたのが、私の母校である昭和大学歯科病院 歯科矯正学教室 槙 宏太郎教授

です。

 

着脱式なので、食事の際も制限がなく好きなものが食べられます。歯磨きも、普段

通り行えるので、ワイヤーに比べて歯肉炎の心配が少ない。


食事と歯磨きを除き、1日20時間以上装着する必要があります。


透明なマウスピースなので、治療している事がほとんど他の人に分からない。

 

他のマウスピース治療と違い、1回歯型を採ると最初から最後までのマウスピースが

作成されます。

 

この辺までは、どこのHPを見ても掲載されてる内容ですが、ここからが

本題です。

 

歯型から、パソコン上で治療終了までのシュミレーションが作例されますが、最初の

シュミレーションは歯科医師ではなくテクニシャンが作成します。

そのため、各々の患者さんに合わせた現実的な歯の動かし方にシュミレーションに

変えて行くために、矯正専門医としての知識と経験が必要となります。

石川県でもマウスピースを標榜する歯科医院が増えてきていますが、

2〜3本の簡単なガタガタなら大丈夫と言う

所がほとんどのようです。

当院では、母校で研究開発を進めたノウハウを元にかなりひどいガタガタの患者

さんも、通常のワイヤー治療と同等に治療を行っております。

 

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン) は、歯列の幅を

広げたり(拡大)、歯を後ろに動かす(遠心移動)事が比較的容易に出来るので、

ワイヤー治療では抜歯になるケースでも、歯を抜かないで治療出来る可能性が

大きくなります。

拡大や遠心移動で隙間が確保出来ない場合は、歯のエナメル質を少しずつ薄くする

IPR と言う手法を併用する事もありますが、やり過ぎると虫歯や歯がしみるリスクが

高くなるので、当院では必要最小限に留めております。大切な歯を、バーで削って

しまうような事は、絶対に行いません。

 

このような隙間のやりくりで、歯を抜かないで済めば患者さんには一番良い事なん

ですが、あまりにもガタガタのひどい患者さんや口元を引っ込めたい患者さんは、

やはり抜歯せざるを得ないこともあります。

その場合、世の中の多くのマウスピースをやってる先生方は歯を抜かない方向で

治療を進める事が多い為、いざ抜歯治療が必要になった時にマウスピースで対応

出来る先生はかなり少なく、患者さんにかなりの負担を強いる裏側にワイヤーを

付ける治療を勧めることもしばしばあるようです。

当院では、当初からガタガタのひどい患者さんを抜歯症例としてマウスピースで

ワイヤーを使わずに治療してきましたが、これは一重に槙教授を筆頭に日本での研究

開発を進め医局のノウハウを持って治療に当たっているからに他ならず、そのノウ

ハウは一般的な講習会などで語られる内容とは全く視点が異なっています。

 

料金に関しては、昭和大学病院の治療費を参考に、2割程度低い金額です

難症例に対応可能な技術料と治療に掛かった分だけ頂く方式を取っている為、場合に

よっては最安値ではないと思いますが、治療期間が短くなればその分費用は抑えられ

ます。一律料金方式は、安心価格ではなく、期間が短くても長くても同一です。

過払いも起こりえます。10回で終わる人と50回で終わる人が同一料金っておかしく

ないですか?

 

他医院でマウスピースの抜歯治療を断られたり、少しでも治療期間を短くしたい

お考えの場合は、これまで培った技術と経験を元に全力で対処させて頂きますので、

お気軽にご相談頂ければ思っております。