弄舌癖による開口

DSCF0027.jpg

 

 歯並びと言うと、とかく『形態』に捕らわれがちですが、舌や口の周りの

筋肉の不調和、つまり『機能』の問題により歯並びが悪くなっている場合が

あります。写真は、弄舌癖と言って嚥下の際に隙間に舌を突っ込む悪い癖の

ため、前歯が噛んでいない症例です。

また鼻疾患があり、いつも口で呼吸してる患者さんも、開口や出っ歯になって

なりやすい傾向があります。


 当院では、単純に歯を歯を並べるだけでは無く、必要に応じて筋機能療法を

併用したり、近隣の耳鼻科専門医と連携を取りながら『形態と機能の調和』

考慮した治療を行っています。